セントラルソメヤ

私の地元で文房具を買うってなると、セントラルソメヤ。私も昔からお世話になっています。

学生時代は週に1回は行っていましたね。文房具を見て回るだけでも楽しい(^^)/

ポイントカードなんて3枚くらい持っています(笑)

セントラルソメヤとは

サービスカードはお店のオープン時から今日まで変わらず100円で1ポイントです。50ポイントで250円相当の商品と交換できます。
カードのロゴに使用しているデザインはスタッフとお客様の心を結び、お客様と文具を結ぶ「&」です。気持ち良く使える文房具を選び、販売しています。

法令用紙・のし袋・のし紙・ファイル・和紙・プリンタ用紙・画材・額の取扱いもしております。商品数が多いため、お探しの商品が見つからない場合は気軽にスタッフに声をかけましょう。

油性・水性マーカー、蛍光ペン、色鉛筆のセットや単色などの一般筆記具を数多く品揃えしております。常に筆記具の新製品を店頭展開していますよ。

 

鉛筆はどうして6角形なの?

鉛筆に6角形が多いのは、転がらないため・持ちやすいためだそうです。
握った場合、必ず3点(親指、人差し指、中指)で押さえるので3の倍数とする
必要があるそうです。

色鉛筆では、文字を書くだけでなく「絵を描く」ために使い、色々な持ち方を
しますので、指あたりのよい丸軸にしているそうです。
また、色鉛筆の芯は、墨芯鉛筆の芯のように焼いていないため、強度的に弱く、
芯自体の太さがあるため、軸が六角形であると芯と軸との表面の距離が
短いところと長いところとが出て、芯を十分に保護することができないと
言われています。
しかし現在は、技術の進歩により六角形の軸でも芯を十分に保護できるように
なっています。

ちなみに、鉛筆についているH、B、Fといった記号は、「芯の濃さ」と
「硬さ」を表すもの。
“H”はHARD(ハード:硬い)、”B”はBLACK(ブラック:黒い)の略字で、”H”の数字が多いほど薄く硬い芯を示し、反対に”B”の数字が多いほど濃く
軟らかい芯を示します。”F”はFIRM(ファーム:しっかりした)という意味で、”H”と”HB”の「中間の濃さと硬さ」を持った芯のことです。

 

お金に余裕が出来たら名古屋で脱毛に通いたい!

現在、専業主婦をしています。数ヶ月前からはじめて専業主婦というものを体験しています。

私はいままで正社員でほとんど休み無く仕事をしていて、結婚後すぐに出産をし、主婦・育児をしながらも仕事を続けてきていました。その経験からですが、専業主婦ってなんて楽だろう と思います。

よく、専業主婦の方で、旦那がゴミだしをしてくれないとか家のことをやらないだとか文句を言っている方を見ると、がっかりしてしまいます。専業主婦なのですから、それぐらい自分でやってあたりまえだと思います。
平日の昼間に自分の時間をのんびり過ごすかわりに、朝・夕のバタバタの時間をのりきったり休日の家事をがんばるべきなのです。

私は、家事が面倒になったら、やるのをやめます。手をとめ、ストレスをためないようにしています。旦那に愚痴るぐらいなら、やらないほうがマシだと思っているからです。

インターネットを見たりチャットしたりゲームしたりするのが好きなので、とりあえずゲームします(笑)。息抜きできたらまた家事をします。
ですが、育児については夫婦で協力すべきだと思います。
うちは旦那が平日のみの仕事でしかも定時で帰ってくるので夜、旦那が子供といっしょにお風呂に入ったり、休日の昼間どこか外に連れ出してくれるだけでこちらとしては本当楽です。

その間に少し家事ができるし、ほっとひといきつける時間もあります。残業の多い旦那をもっている奥さんは大変そうですね。

私は現在妊活中のため現在旦那のみの収入でやりくりしています。稼ぎはかなり少ないので貯金を崩しながらの生活なので金銭面のストレスはかなりあります。

旦那はまわりに対してケチなのですが、自分に対して甘く浪費家なのですぐ物を買ってしまいます。

車検や税金の支払いのために通帳にお金は残してあるのですが、通帳を見て残高があればお金があまっているんだと理解してしまい、お金を使っても大丈夫だと思ってしまうので困ります。

私の友人で専業主婦の子がいるのですが、その子の家計も結構火の車で毎月どうしようどうしようって嘆いています。その友人からお金を貸してほしいといわれたことは今までに一度もないのでこれからも言われることはないと思います。

私の周りでも数人お金に困っている専業主婦の子がいるっていうことはそこら辺中にいるんでしょうね・・・我が家だけではない!!みんな必死にやってるんだと自分に言い聞かせています。

そりゃ余裕があれば脱毛サロンに通ったりもしたかったですよ。私は名古屋市に住んでるんですけど、街のいたるところに脱毛サロンがありますからね。

※参考サイト・・・http://nagoyadatumou.com/

まあ、とりあえず妊活が終わったらですね!

手軽に受けられる医療レーザー脱毛

ムダ毛は腕や脚など様々な部分から生えてくるので、自宅で剃刀とシェービング剤を使って処理を行っても、すぐに伸びてくるので手間に感じます。

カミソリで処理するのって結構大変というか面倒ですしね。どうしても自分では剃りにくい個所っていうのもありますし。

エステサロンは比較的お金が掛かるので、最小限の出費でムダ毛処理を行いたいです。私がエステサロンに通おうとしていた時は結構料金が高かったのですが、今いろいろ調べていると手頃ですね。

しかも美容外科でしか受けられないレーザー脱毛も手ごろなのにはびっくりしました。→脱毛松山市
私が住んでいる愛媛県松山市にもレーザー脱毛できるところがあるので、今ならばここに通うのになーって思います。

その為、当時には家電量販店などで販売されている家庭用脱毛器の導入を考えていました。
家庭用脱毛器には様々なタイプの物がありますが、ひげ剃り器の技術を応用した深剃りタイプの家庭用脱毛器であれば、剃刀で剃るよりも効率的にムダ毛が処理出来ます。

また、コストパフォーマンスが高く、コンパクトで持ち運びに最適です。
しかし、どのメーカーの物が良いか悩んでいます。各メーカーの商品仕様などを見ると、どれも同じ機能のように見えます。

実際に使った人でしかわからない、違いっていうのがあるんだとは思うんだけど、いろんな機会を利用してみて比べてみるっていうのもちょっと違うような気がしますよね。お金もすごくかかりますし。

なので、これが1番いいっていうのがあればそれを教えてもらいたいところです。教えてくれればそれを選ぶんですけどね。

まあ、当時は結局値段につられて1番安い家庭用脱毛器を購入してしまったのですが、あまり結果はよくない状態に終わっています。やはりレーザー脱毛で永久脱毛してしまうのが1番いいんだろうなーって思いますね。

それなりに年齢が来てしまいましたが、今からでもレーザー脱毛に通おうかなーって思うのです。いつまでたっても女性は美しい状態を保っていたいものですからね。

2000年9月に新築の建売物件を購入しました。価格は3500万円です。当初は4000万円で売り出していたのを、500万円の値引きを条件に購入しました。

頭金は親からの援助や貯金などをかき集めて、1000万円を用意しました。買った理由は、今まではアパートに住んでいたのですが、子供も大きくなりアパートが手狭になり始めたのがきっかけです。

ローンは最長の35年です。まさに清水の舞台から飛び降りる覚悟での購入でした。毎月約6万円、年に2回のボーナス月にはさらに20万円の上乗せです。

決して給料は高くはない私にとっては、生易しい金額ではありませんでした。毎月のお金の管理は妻に任していましたので、私がどうのこうのしたということはありません。

私は働いて毎月の給料を家に入れるだけです。その限られた給料の範囲内で、妻は頑張って家計をやりくりしてくれました。

今もそうしてしてもらっています。そのおかげで、家を買う前も、家を買ってからも決して生活が苦しいと感じたことはありません。

車もありますし、たまには泊りがけの旅行に出かけては、羽を伸ばしています。子供達にはそれぞれ自分の部屋を持たせることができました。しかし残念ながら私の書斎はありません。

そのうち子供たちが独立した暁には、いづれかが私の書斎へとなることでしょう。妻の頑張りが功を奏し、ローンも先が見えてきました。

毎月節約をして貯めたお金を、前倒しで返済に回すことができているからです。当初35年で組んだローンは、思ったよりも早く完済できそうな目処が立ちました。

それまでは私も頑張って働かなければいけません。家を持ったおかげで責任感も増しました。自尊心を満たすこともできました。

決して大きな家ではありませんが、多くの友達や両親などが遊びに来ても、部屋が狭いと感じることがありません。

アパートに住んでいた時とは快適度が全く違います。今となっては、購入して本当に良かったと思っています。

いずれローンが完済した暁には完全に私たち家族のものとなります。ありがたいことです。

家は購入する方がいいか、借りる方がいいかという話はありますが、私は購入した方がいいと思います。やっぱり自分の持ち物という感覚がいいですね。

いずれ私たちが先立つ時は、子供達に遺産として譲ることもできます。ということで、私の人生で一番の大きな買い物は後にも先にも、家族が快適に暮らせる我が家です。

家のローンが終わったら、妻に時計でもプレゼントしてあげようかなと思っています。

そんなに高価な時計は買えませんが、なかなか普段の感謝を言えないですからね。

ただ、私自身のお小遣いでは買えないので、ローンで購入するしかないんですが。

時計をローンで買う方法

結果、私が買うわけではないのかな…。

まぁ、気持ちですからね。喜んでくれるはずでしょう。

急な冠婚葬祭費には悩みます。

毎月、専業主婦は決まったお金の中でやりくりしていくのは大変なことです。食費、ガソリン代、家賃、ローンに保険代など毎月決まった出費はある程度は把握できています。わたしは出来るだけ前もって、毎月必要なお金は給料日には分けて管理しておくようにしています。

しかし、毎月の決まった出費以外にも急にお金が必要になることもあります。友人との食事、主人の飲み会代、年間のイベント代、冠婚葬祭などあります。

その中で、わたしが今までのなかで困った出費は、親戚が亡くなったときの出来事でした。葬儀に参列するために故人に献げる御香典代がないことでした。タイミング的に主人の給料日前で、財布の中の所持金は御香典が出せるような金額もないあわれな状況でした。しばらくの間、あわれなお財布と見つめ合い、御香典代がない!どうしようかと悩みました。人の不幸は予測できずに急に連絡が入るもので全く頭にありませんでした。

そして考えついたのが、小銭を貯めたわたしの密かなへそくりを使う事でした。今までに、こっそりと貯めてきた小銭を取り出して、一気にわたしは小銭を数え直しました。すると以外にも、小銭のへそくりは貯まっており香典代をそこから抽出することができました。そして急いで、銀行へともっていき、両替をして紙幣に変えてきました。かき集めたかのようなお金でしたが、恥じることなく無事に故人のお葬式に参列しお参りすることができました。

専業主婦でいると、やはり自分の収入がないので自由にお金を使うことができません。毎月のやりくりには本当に頭を悩ませます。このような急な冠婚葬祭費に戸惑うことがないように、この出来事を教訓にしました。わたしは毎月の出費の中に冠婚葬祭費という予算を組むようにしました。そして、その冠婚葬祭費は万が一に備えて貯金をするようにしています。年間にあるかないか分からない冠婚葬祭ですが、体験したような事態にならないようにその冠婚葬祭費貯金でなんとか出来るようにしています。

毎日の生活費の中から、急な出費を出せるほどの余裕は専業主婦だとありません。少しでもわたしの収入があればと何度も思いますが、子育てに力を入れたい時期のため断念しています。だからこそ、日々の生活を節約しながら出来るだけ貯金をしていけるようなやりくりを毎月悩みながら考えています。そして、小銭のへそくりも継続しながら、家計をささえています。つぎは、500円玉貯金にも挑戦していこうかと計画しています。それでもだめなら、お金を借りるしかないですね。

※参考サイト・・・今すぐお金を借りる※お金を借りてもいい人・ダメな人とは?

お金と日々の暮らし方

私は、一歳の男の子を持つ29歳の専業主婦です。主人も28歳で、それほど給料も良くはないので専業主婦の私は自由に使えるお金が限られています。
私も専業主婦なので、それほどお金を使うわけではないのですが、子供を通じてママ友ができ、ランチに行ったり遊んだりするとお金がかかります。(それほど大きな額ではないですが)
やっぱり、ママ友から誘われたりするので、お金がないから行けないでは断りにくいし、家で遊ぶよりショッピングセンターの大きなキッズスペースで遊んだりします。
また、美容院も3カ月くらいでカットカラー(自分では綺麗に染めれません)をしたり、化粧品も買ったりします。
化粧品は、こだわってないのでプチプラのコスメなどを選び安く済ませます。
本当は、独身時代の時みたいにいろんなブランドの洋服やコスメなど買いたいですが、主人に働いてもらってるし、余裕もないので、買わないです。

洋服なども、ユニクロ様様で、出来るだけ買わないようにして、長く着るようにしています。
子供服も西松屋やユニクロなど安く済ませます。
すぐ子供服はサイズアウトします。

先日、独身時代に買って使ってない空気清浄機やコードレス掃除機や洋服や雑誌などをリサイクルショップに売りに行き少しお小遣いになりました。
今は、まだ子供も小さいのでオムツ代くらいですが、これから教育費もかかってきます。幼稚園の入学金制服とかでも20万近くかかると聞きました。体も大きくなったら食べる量も増え、食費もかかります。今は洋服などお下がりをもらったり、両親義両親に色々かってもらったり、あまりお金をかけ過ぎないようにしています。

そして、出産や節句やお誕生日などのお祝い金やお年玉も子供通帳に貯金をしています。また学資保険にも入り、子供手当の分などを貯めて大学資金にと思っています。
これから、子供が大きくなったらパートなどにも出ると思うので、教育資金を貯めて奨学金を借りないようにしたいと思います。
家のローンもあり、まだまだ残っていますが、これは地道に返して行きます。
車は、主人の乗用車を売りに出して軽自動車を一台所有していますが、子供が増えたり大きくなってくると、普通車に買い替えなければなりません。

※ここで良い値段で買い取ってもらえました⇒ヴェゼル買取

今の車を売って購入するためにも、今の車を大事に乗り売れるように綺麗に使わなければなりません。
日々の暮らしでお金はいろんなところでかかってきます。
周りから見たら質素かもしれませんが、可愛い子供のため稼いできてくれる主人のために、節約します。